AGAの発症リスクは遺伝子検査でわかります

AGAの発症リスクは遺伝子検査でわかります

薄毛の原因には、生活習慣の乱れの他に男性ホルモンによるものや遺伝によるものが挙げられます。

 

男性ホルモンが原因の薄毛をAGAと言いますが、前頭部や頭頂部から髪が薄くなると言う特徴があります。そして、AGAは進行性のため早期発見と早期治療が大切になります。そこで自分のうす毛の原因がAGAによるものなのか、それともそれ以外によるものなのかを遺伝子検査により知ることが出来ます。

 

遺伝子検査は、口内粘膜を採取する方法で、約2週間ほどで結果が出ます。男性ホルモンの感受性に関わる遺伝子を調べることで、AGAの発症リスクが高い遺伝子を持っているかどうかと、AGA治療薬が効果を発揮するかと言ったことが分かります。

 

さらに発症前の若いうちに遺伝子検査を受けることで、将来起こり得るかもしれない薄毛に対して、事前に対策を取ることが出来ます。しかも遺伝子は一生涯変化することが無いため、1度検査を受ければもう1度受ける必要はありません。費用は概ね、1万円ほどとなっています。

 

しかし例えAGAの遺伝子を持っていたとしても、必ず発症するとは限りません。またAGA遺伝子を持っていなかったとしても、薄毛になる可能性は十分あります。それは遺伝子だけではなく、生活習慣の乱れやストレスと言った環境も、うす毛に大きく影響していると言うことが既に分かっているからです。

 

ストレスや睡眠不足・偏った食事などは、血流を滞らせ頭皮に必要な栄養分が行き渡りにくくなります。

 

そのため太くて長い健康な髪が成長しにくくなり、細くて短い産毛のような毛髪ばかりになってしまうのです。そのため規則正しい生活をすることや、薄毛に効果的なシャンプーや育毛剤を使用することで進行を止めることが出来ると言えます。頭皮を清潔に保ち、血流を促して髪に必要な栄養を十分に与えることが大切です。このような遺伝子検査は、自宅でも手軽に行うことが出来ます。検査方法は、付属の綿棒で口内の粘膜を20回ほど擦って封をし、検査機関に送るだけなのでとても簡単です。

 

クリニックへ出向く必要がないので他人に知られることもなく、いつでも好きな時にこっそりと検査を受けることが出来ます。そして検査結果によって、AGA専門クリニックへ通院すると言った対策を取ることが出来ます。父や祖父・親族に髪の薄い人が多かったり、何となく抜け毛が増えたと言う場合には、一度遺伝子検査を受けてみると良いかもしれません。

 

チャップアップは医薬部外品であり、医薬品には一切該当しない
ラポマインについてはこちら