育毛剤選びで重要!男女で違う薄毛事情2つ

育毛剤選びで重要!男女で違う薄毛事情2つ

薄毛の原因はどうせ一緒だし、夫婦で使うなら男女兼用の育毛剤でいいと思っている方も多いでしょう。しかし実は男女の薄毛事情は違っていて、原因も違うのです。つまり育毛剤選びはどちらかというと男性は男性用の女性は女性用のしかるべき育毛剤を使った方が効果があります。では男女で違う二つの薄毛事情をお知らせしましょう。

 

男性の薄毛の原因は「男性ホルモン」である

 

男性の薄毛の原因の主たるものは男性ホルモンです。男性は男性ホルモンが多く分泌されていて、実はこれが原因で「毛深い」だとか「薄毛」だとか負の現象が起こるのです。男性ホルモンとは男性であればたくさん分泌してほしいイメージがありますよね。実際筋肉を発達させたり、性欲を高めたりする作用があるので大事といえば大事です。しかし、男性ホルモンは本来実はあまり嬉しくない特徴もあり、これが増えるせいで女性ホルモンとのバランスが悪くなると髪が抜けてしまいます。男性ホルモンが多く分泌して女性ホルモンよりも圧倒的に優位になってしまうと髪の抜け毛で悩むことになるのです。

 

男性の薄毛の原因の多くがこの男性ホルモンが影響していて、遺伝により男性ホルモンが多くハゲやすい人もたくさんいます。ですから、男性の薄毛対策はこの男性ホルモンに対処できる育毛剤が必要なのです。ですから男性には男性用の育毛剤がおすすめです。

 

女性の薄毛の原因は「複合的」である

 

それに比べて女性の薄毛の原因は男性ホルモンではありません。中には男性ホルモンが女性にしては多く、女性ホルモンのバランスが悪く薄毛になる人もいますが、多くの一般的な女性の薄毛はもっと複合的なものなのです。
女性はもともと男性みたいに男性ホルモンの分泌量は多くありません。なのに薄毛になるのは加齢によって女性ホルモンが減ったことが関係すると思われます。女性ホルモンは加齢によりどんどん減って行くのですが、この分泌量が減ったせいで、男性ホルモンが優位になり、薄毛になることがあるのです。

 

ただ女性の薄毛の原因はもっと複合的に絡み合い、一つのせいで起こるわけではありません。他にも食生活による栄養不足やストレスや睡眠不足、それに頭皮環境の悪さなども関係します。このように男性の薄毛とは根本的な原因が違うので、それに対応する女性用の育毛剤の方がよく効くでしょう。