AGAはプロペシアで改善!有効成分フィナステリドの効果とは

AGAはプロペシアで改善!有効成分フィナステリドの効果とは

AGAに悩んでいませんか?「薄くなってきて人の視線が気になる」「鏡を見るたびに薄毛が気になる」など。禿げてくるといろいろ悩みを生じるものです。実はAGAの原因は今の時代は特定されています。そしてAGA に非常に効果的なのがプロペシアといわれる薬です。

 

1.プロペシア

 

プロペシアと言われる薬は男性型脱毛症の薬として代表的でよく知られています。プロペシアの成分であるフィナステリドはそもそもは前立線肥大症の治療に使われていたものです。
しかし、フィナステリドを利用した人に薄毛改善が見られるようになったので、禿げ治療に使われるようになったのです。

 

2.AGAに効く理由

 

プロペシアの成分であるフィナステリドがAGAに効果的である理由は5αリダクターゼといわれる酵素を阻害するからです。5αリダクターゼは男性ホルモンの一種であるテストステロンをジヒドロテストステロンに変えます。
ジヒドロテストステロンが悪さをしてAGAは進行していきます。フィナステリドは5αリダクターゼの力を予防することで、ジヒドロテストステロンの発生を抑える事ができます。
プロペシアを飲む事で男性型脱毛の原因になるジヒドロテストステロンが少なくなるので、薄毛を防止できるという事です。

 

3.高い薄毛改善率

 

プロペシアは長い期間飲むほどに効果が現れてきます。3年間飲み続けている人とおよそ8割の人に改善が見られるほどです。

 

4.勘違いしてはいけない初期脱毛

 

実はプロペシアを飲む事で一時的に抜け毛が増える事があります。この事を初期脱毛といいます。抜け毛が増えたので薬が逆効果だ、と思わない事です。プロペシアを飲みヘアサイクルが改善されていく過程において休止期にある毛が一斉に抜け落ちる事があるのです。
人により個人差があるのではっきりといつ初期脱毛が起こるとは言えませんが、目安としては飲み始めてから1か月の間に初期脱毛が起こると言われています。

 

そして、2か月目には初期脱毛は落ち着きます。

 

・まとめ

 

AGAは男にとって大きな問題です。隠すのはカッコ悪いとか言われても薄毛を気にする人はたくさんいます。プロペシアで抜け毛を止める事はできるので、試してみるといいでしょう。